指導事例
苦手な部分に絞って重点的に学習することで志望高校に合格
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学校3年生の4月
家庭教師のコース
週2回 90分授業
家庭教師開始時の成績
5教科合計:180点/250点
志望高校
浜松市立高校
指導内容と結果

おとなしいタイプの女の子でした。本人が自分から積極的に話しかけるタイプではなく極度の人見知り。コミュニケーションを確立できるまでに少し時間がかかりました。

中学校2年生の段階での成績は5教科合計180点/250点程度。数学と理科が苦手で数学・理科ともには30点前後/50点でした。目標校である市立高校合格のために数学と理科でも40点/250点を獲得したいという要望があり家庭教師の指導をスタートしました。

中学校2年生段階での内申点は38。志望校である浜松市立高校合格を目指すなら40以上欲しいので1学期の段階は学校の宿題をとにかくしっかりとこなして内申点を上げることを目指しました。中学校3年生の1学期の期末テストでは185点/250点。内申も変化なく38という状況でした。

夏休みに数学と理科の夏期講習を行いました。数学は関数と図形、文章問題に特化。自習室の応用問題を中心に進めていきました。理科も同じく自習室を使い1分野を中学校1年生からしっかりと復習。理科は1分野の化学反応式と電流の部分をメインに基礎から全般的な指導を行いました。夏休み明けの第一回静岡県学力調査テストでは、185点/250点と成績はまだ向上しませんでした。

2学期は数学・理科・英語について復習していった結果、12月の第二回静岡県学力調査テストでは195点/250点、内申点は39まで上昇しました。この結果を受け、公立高校の志望校は浜松市立高校を、私立高校の志望校は聖星高校に決めました。

まずは公立高校の過去問5年分を冬休み中に復習。3学期からは聖星高校の過去問を使い、復習していきました。その結果、2月の聖星高校の受験に合格。3月の市立高校の受験にも合格出来ました。

本人は苦手な部分がはっきりしていてそこを重点的に指導で解消。本人の苦手な部分に絞って対策ができることが家庭教師(マンツーマン指導)の良いところです。塾を否定するわけではないですが、苦手な部分に絞って対応することで効率よく成績を向上させることができます。ポイントを絞って対策をしたい場合には家庭教師をおすすめします。ぜひ一度、浜松の家庭教師ステーションまでお気軽にご相談下さい。

勉強のやり方がわかって、宿題にしっかり取り組んで学力アップ
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学校3年生の2学期
家庭教師のコース
週2回 90分授業
家庭教師開始時の成績
5教科合計:75点/250点
志望高校
湖北高校
指導内容と結果

素直で優しい男の子。穏やかな性格でまじめなタイプだったのですが、ゲームが好きであまり勉強していないため、成績が芳しくありませんでした。

9月に実施した第一回静岡県学力調査テストの結果は5教科合計75点/250点で、志望校の湖北高校に足りない状況。夏休みまでは毎日のように友人が家に遊びに来てゲームをしていたようですが、本人と話し合い勉強の習慣をつけるために友人との時間を週1回に減らしてもらいました。

素直な子でしたのでそれを守ってくれ、毎日英語30分+数学30分の計1時間程度の宿題を課してこなしてもらいました。英語の指導内容は学校の授業の復習と宿題で課した中学校1年生からの英文法の復習の中でわからなかった部分をサポート。併せて毎回15問程度の英単語のテストも実施し、基礎力を固めていきました。

数学の指導も英語と同様に中学校3年生の授業の復習と宿題のサポートを行いました。数学の宿題は計算問題を徹底的におさえるようにしました。志望校が湖北高校ということもあり、志望校への数学の目標点は20点に設定。高校入試の数学においては中学校1年生から3年生の計算問題を確実にクリアできれば20点をとることができます。そのため、その20点をとるために計算問題を徹底して宿題として課していきました。

テストの前は理科の1分野についてもサポート。12月の第二回静岡県学力調査テストでは95点/250点、内申点は27になりました。安全圏ではないものの学力は向上しているため、志望校は当初の予定通り湖北高校(私立の併願校は聖隷クリストファー高校)にしました。

12月の第二回静岡県学力調査テスト終了後は、聖隷クリストファー高校の過去問にとりかかりました。2月の入試までに3年分の過去問を2回通り学習。私立高校の受験は見事にクリアしました。私立高校入試の後は再度公立高校入試問題の過去問をおさらい。3月の公立高校入試にも合格することができました。

冒頭でも述べましたが、非常に素直で真面目なタイプの生徒さん。宿題もしっかりとこなしてくれたことが学力アップにつながったと思います。また、1月の受験前には数学の問題が解けなかったことに悔しくて涙を流す姿も見受けられましたが、本人が悔しさをバネに頑張ってくれたのがとても印象的でした。

家庭教師の指導を受けるお子さんのほとんどがまず勉強のやり方がわかりません。まじめな子でも何をやったらいいかわからないと手が付かず、ゲームやテレビ、youtubeなどの娯楽に流れてしまいます。しかし、まじめな子なら勉強のやり方を教えてあげ、それに取り組んでくれれば自ずと成績は向上していきます。勉強のやり方がわからなくて困っている生徒さんは、ぜひ浜松の家庭教師ステーションまでご相談下さい。

計画通りに学習して志望高校に合格
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学校3年生4月
家庭教師のコース
週2回 90分授業
家庭教師開始時の成績
30点台/250点
志望高校
掛川工業高校
指導教科
英語・数学
指導内容と結果

掛川市在住の男の子。活発なサッカー少年で、とにかくサッカーが好きで反面勉強は苦手なお子さんでした。英語はそれまでほぼ取り組んでいなく、数学は算数の段階までは好きだったようですが、中学に入ってから勉強をしてなかったため成績がとれていませんでした。

性格は真面目な子で指導は非常にやりやすかったです。宿題はきちんと取り組んでくれ、週1回数学を週1回英語を指導し、指導内容の復習として40分程度の宿題を課していきました。

1学期の期末テストでは5教科合計70点/250点まで成績は向上。それまで勉強をしていませんでしたのでなかなか点数がとれていませんでしたが、勉強を始めたことで成績の向上を見せてくれました。

夏休みは家庭教師の指導を週4回に増やして英語と数学はあらためて中学校1年生から復習。それ以外に通常の指導では行わない理科や社会も指導をしました。その結果、夏休み明けの第一回静岡県学力調査テストでは85点/250点、12月の第二回静岡県学力調査テストでは115点/250点と確実に成績を伸ばしていきました。

目標校の掛川工業に点数は届かない状況で、担任の先生からは厳しいのではないかと言われていましたが、本人と話をして掛川工業から志望校は変更しませんでした。本人サッカーを頑張りたいという要望があり、成績も順調に上り調子でしたので、家庭教師側から志望校を変更せず受験することを勧めました。

第二回の静岡県学力調査テスト終了後からは、完全に受験体制に。特に冬休みに家庭教師の指導時間は増やしませんでしたが、その分本人が頑張って勉強時間を作り、冬休み終了時点までに公立高校と私立高校(磐田東高校)の過去問を2回通り復習していきました。

その結果、見事に志望校に合格。私が担当した生徒の中でも特に順調に成績を伸ばした生徒さんの事例ですが、その一番の要因は計画を立ててそれ通りにお互いにしっかりと進めることができた事だと思います。家庭教師ステーションでは、しっかりとその子に合わせて計画を立案し、指導を進めてきます。安心してお子さんをお任せください。

勉強だけでなく日常生活のサポートもした生徒の指導事例
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学校1年生の夏休み
家庭教師のコース
週2回 120分授業
家庭教師開始時の成績
英語:5点/50点 数学:7点/50点
志望高校
開誠館高校 ⇒ 法政大学
指導教科
英語・数学
指導内容と結果

開誠館中学校の生徒さん。中学受験はクリアしたものの、小学校までの勉強が不十分で中学校1年生の1学期の期末テストで数学は7点/50点、英語は5点/250点という結果。これではまずいと家庭教師をスタートすることにしました。

夏休みからの指導だったのですが夏休みは小学校4年生の算数から復習。とても明るく元気な子ですが、少し多動性の障害がある子。そのため集中力がなく落ち着いて指導を受けられない生徒でした。そういったことからか、あまり点数が取れないことも本人は意に関せずといった様子。ただ、学校から宿題ができていなかったり、提出物が提出できないという生活指導もあり、その状況は高校1年生まで続きました。

家庭教師をつけて成績は少し向上したものの、高校1年生までは英語も数学も15点/50点くらいしか点数が取れませんでした。家庭教師の指導は、学校の提出物や宿題をしっかりとやる事からスタート。高校1年生の後半になると自我が芽生えてきたのか、本人も勉強をしないといけないという自覚が出てきました。

そのため、その後は少しずつ成績は向上し、数学も英語もクラス平均の点数をとれるようになりました。そこからは家庭教師としての宿題もこなせるように。高校2年生の段階では、本人が学校の授業での手ごたえも感じてくれ、3年生になると大学進学を本人から希望するようになりました。

大学は東京の大学に進学したいという希望。夏休みに法政大学と日本大学、亜細亜大学の3つの学校のキャンパス見学に参加し、赤本を購入。家庭教師の指導の際には英語と数学をフォロー。それ以外の教科については本人が勉強を進めるという形で勉強を開始。塾には通わず、独学と家庭教師のみで受験に向けて進めていきました。

2月の大学受験では、赤本を購入した3つの大学すべてに見事合格。最初は勉強をするというよりも日常生活のサポートからスタート。高校1年生まではカバンの中にちゃんと教科書が入っているかどうかや提出物をちゃんと出せるようにという事で、本来の家庭教師の指導とはかけ離れた指導になっていました。

ちゃんと指導ができるようになった頃からの成績の伸びは非常に大きく、自我の目覚めまでに諦めず素地を作っておけたことが受験に間に合った一番の要因だと思います。もし、本人が多動で、勉強をすることに対してもあきらめてしまっていたら、自我が目覚めても、受験までには間に合わなかったと思います。家庭教師は単純に勉強を教えるだけではありません。その子の生活のサポートも含めて対応できるのがマンツーマンの良さだと思います。

成績が伸び悩んでいた中学生の指導事例
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学校2年生の6月
家庭教師のコース
週2回 90分授業
家庭教師開始時の成績
30点/250点
志望高校
磐田東高校
指導教科
英語・数学
指導内容と結果

サッカー部の男の子。30点/250点という点数から家庭教師をスタートしました。話をすると勉強を頑張ると言うのですが、なかなか手を付けてもらえず...まずは家庭教師の宿題として15分だけ日々の勉強をスタートしました。

指導開始後に迎えた中学校2年生の夏休み。学校から英語の基本例文を50個覚えるという宿題が課されました。そこで英語は夏休中にとにかくそれを頑張り、夏休み明けの試験で良い点を取れるようにと目標を定めて進めていきました。

その結果、夏休み明けの英語の例文試験では50問中42問を正答。本人、これでやればできると自信がついたようです。2学期に入って英語は学校の授業の復習を中心に進めていきました。数学は本人が1年生のものからやりたいという希望があり、本人自らが1年生からの復習を行い、家庭教師の指導では、学校の補強をしていきました。2学期の期末テストは60点/250点まで向上。徐々に宿題の量も増えてきていたのですが、部活とは違ったクラブチームでのサッカーが忙しくなってしまいあまり身が入っていないような感じになってしまっていました。

そのため、3年生の1学期の中間テストくらいまで成績が伸び悩んでしまいました。そろそろ本人もまずいと危機感を感じて一念発起。中学3年生の1学期期末テストでは80点/250点をとることができました。

夏休みは時間がとれるので重点的に指導。それまで週2回だった家庭教師の指導を週4回まで増やし、理科や社会などの教科までフォローしていきました。指導の中では、理科や社会は学校のテキストである自習室の基本問題部分を各40単元こなしていきました。この生徒さんの場合、とにかく基本的な問題を確実に解けるようになることが重要なため、基本のみ指導。加えて静岡県学力調査テストの過去問を3回復習していきました。

その結果、第1回静岡県学力調査テストでは90点/250点をとることができ、目標点に近づいていきました。2学期になり週2回の指導に戻しました。クラブチームの練習も少し減り、受験勉強に本腰を入れることができました。12月に行われた第2回静岡県学力調査テストでは115点/250点まで向上。内申点も33まで向上。サッカーをやりたいという本人の要望があったため志望校を磐田東高校に定めて、単願で受験する形にしました。

学校の先生からも2学期の成績の向上具合から磐田東高校の単願受験を勧められ、本人のモチベーションを高く保ったまま冬休みや3学期の勉強をすすめていきました。過去問を中心に指導した12月以降の勉強の結果、見事に磐田東高校に合格することができました。30点/250点から中学校3年生の2学期の期末テストでは120点/250点までの成績アップ。はやくはじめたからこそ到達できた成績です。なかなか成績が伸びず悩んでいるお子さんがいらっしゃったら是非一度ご相談下さい。

3ヶ月で成績を上げて志望高校に合格
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学校3年生の12月
家庭教師のコース
週3回 90分授業
家庭教師開始時の成績
80点/250点
志望高校
湖北高校
指導教科
英語・数学
指導内容と結果

受験前に駆け込みで指導をした女の子。非常に素直で真面目な生徒さんでした。
第2回静岡県学力調査テストの結果が80点/250点と志望校まで安全圏ではなかったので、なんとか成績を上げ、志望校合格を目指して家庭教師の指導をスタートしました。

時間がなかったので冬休みは元旦以外ほぼ毎日指導に伺いました。公立高校の過去問を中心に英語と数学を指導。英語と数学はともに15点/50点程度の成績。それまであまり勉強をやっていない感じの印象でした。

そのため、日々の宿題を課し、勉強の習慣をつけていく事で成績は上がるだろうと思いました。飲み込みも良い子でしたので、日々宿題をやってもらいわからないことを教えるだけで、確実に実力がついていきました。

併願校は私立の聖隷クリストファー高校を受験。1月後半からは聖隷クリストファー高校の過去問を進めていきました。受験は見事合格。その後にあった3学期の期末テストでは120点/250点まで成績は向上。その結果から、公立高校の入試当日には目標の点数はとれるだろうという見通しが立ちました。結果として公立高校も志望校の湖北高校に合格することができました。

前のページ 1  2  3  4  5  6  7  8