指導事例

指導事例の記事

ポイントを絞って目標だった公立高校に合格
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学校3年生の6月
家庭教師のコース
週2回 90分
家庭教師開始時の成績
5教科合計:50点/250点以下
志望高校
湖西高校または新居高校
指導教科
英語・数学・理科
指導内容と結果

親御さんの意向で公立高校に行ってほしいというご要望でした。雄踏町にお住いの生徒さんだったため、家から通える湖西高校もしくは新居高校に行きたいというご要望を受け、指導を開始しました。

数学は計算問題に絞り、中学校1年生から方程式などの計算問題を指導。毎回宿題として計算問題のドリルを1日30分程度で課しました。学校からの教材で、計算問題に特化した専用のドリルがあったため、それを使いました。高校受験の数学は、計算だけ完全に点数を取ることができれば20点程度とることができます。今回は目標点数が5教科合計で100点/250点でしたので、1教科20点とれれば目標点をクリアできます。そのため、難しい関数や図形は行わず、とにかく計算に特化して指導と勉強を繰り返していきました。

英語はアルファベットからスタート。文法はくもん出版の中学英文法(スーパーステップ)を使い、一から復習を行いました。夏休みに週5回程度家庭教師の指導を受講してもらったことで、中学校2年生までの英文法を完了することができました。これが成績向上には非常に大きかったと思います。

1学期の期末テストでは指導開始直後だったということもあり、50点/250点でした。夏休み明けの第1回学力調査テストでは60点/250点と少し上がり、2学期の期末テストでは90点/250点まで向上。その後あった第2回学力調査テストでも、同じく90点ほど点数をとることができました。

内申点は26点で、学力調査テストの結果90点/250点は、志望校である湖西高校にはボーダーラインでした。志望校まではボーダーラインという事もあり、3学期に最後の追い込みをすることで合格を目指すことにしました。

私立高校はオイスカ高校を受験。そこで、3学期は私立高校(オイスカ高校)の過去問とそれに類似の問題を指導。私立高校受験終了後は公立高校の過去問を使い、確実に点数の取れる部分に絞って繰り返しやることで合格を目指しました。その結果、見事に私立高校はオイスカ高校、公立高校は湖西高校に合格することができました。

コツコツと積み重ね45点アップで志望校合格
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学3年生の1学期
家庭教師のコース
週2回 90分
家庭教師開始時の成績
5教科合計:80点/250点
志望高校
磐田東高校
指導教科
英語・数学(夏休みと冬休みは社会・理科・国語も対応)
指導内容と結果

部活で剣道をやっていたお子さんです。高校に入っても剣道を続けたいという事で、磐田東を志望。志望校までは50点ほど成績を伸ばす必要がありました。

英語は中学校1年生の最初から英文法を中心に指導。毎回授業の際には単語テストを実施し、基礎力を固めていきました。数学は本人が計算は得意だったので、計算問題を反復。その後、学校の授業を中心に夏休みや冬休みは中学校1年生と2年生の関数や図形の文章題を復習していきました。

毎回宿題として英語と数学の2教科それぞれ40分程度で、公文式の問題集の英文法編と中3数学を使い課しました。主に家庭教師の指導でやった内容の復習です。夏休みは理科と社会も指導を行いました。教材は公文式の地理と歴史、中1・2の理科のテキストです。

1学期の期末テストでは100/250点まで向上しましたが、夏休み明けの第1回学力調査テストでは100点を少し下回ってしまいました。そこから奮起し、2学期の期末テストでは125点まで向上。12月の第2回学力調査テストでは120点という結果になりました。

2学期終了時点で内申点は28点。志望校への目標点数は130点でしたが、指導開始当初に比べ成績は向上していました。指導していても実力がついているのはわかりましたので、親御さんが学校の先生とも相談し、予定通り志望校である磐田東高校を受験。見事合格することができました。

大変素直な生徒さんでした。与えた課題は必ずやってくれました。剣道やっているのが功を奏したのか、礼儀正しくしっかりとした子で、必ず課題をやってくれるため、コツコツとした積み重ねが成績向上につながったのだと思います。

成績が3倍アップし目標の大学に見事入学
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
高校1年生の10月
家庭教師のコース
週2回90分授業
家庭教師開始時の成績
20点以下/100点
志望大学
聖隷クリストファー大学 看護学部
指導内容と結果

高校1年生の生徒さんは、看護師になるという夢を叶えるため、看護学部のある大学入学を目指していました。ところが、成績は20点以下/100点という赤点で、このままでは目標を達するのはとても難しい状況でした。特に理系科目が大の苦手でした。

そこで、高校1年生の10月、週2回90分、英語と数学の家庭教師を開始しました。
通っている高校は、宿題が多い学校でしたので、先ずは宿題をしっかりこなすことが大切であると判断しました。宿題をこなすことにより、授業の内容を理解し、遅れないでついていけるようにするのです。学校の問題集を教材に、単語調べ、復習を中心に行いました。

その結果、半年くらい経つと、英語も数学も2教科とも、見事赤点を脱出することができました。それでも、まだまだ30点位/100点です。まだまだ目標には遠い・・・。

夏休みには週4回に増やして、中学3年から現在までの英語・数学の要点の整理、まとめを行いました。何より成果があがるのが、何度も過去に戻って、繰り返すことです。

こうして努力を続けた結果、高校2年の終わりには平均点に達するまでになりました。最初の赤点の時代と比較すると大きな進歩です。高校3年では平均点を上回る成績(65点/100点)が取れるようになりました。何と3倍以上の成長です。

そして見事に、高校からの推薦で、第1希望の聖隷クリストファー大学看護学部へ入学が決まりました。また、彼女の2歳年下の弟も家庭教師の生徒さんで、時々2人を同時にみさせていただくこともありました。彼女は夢を叶え、今では立派な看護師さんとして働いています。

短期間でも着実に内申点が上がり高校合格
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学校3年生の4月
家庭教師のコース
週2回 90分授業
家庭教師開始時の成績
内申点22点/45点(中学2年生3学期)
志望高校
引佐高校(現在浜松湖北高校)
指導内容と結果

家庭教師を開始したのは受験の年の高校3年の4月でした。高校2年の3学期の内申点は22点でしたが、目標とする高校に入学するためには27点は必要でした。そこで、週2回90分、英語・数学・理科の3教科の家庭教師が始まりました。彼は決してマジメとは言えない、学校でも目立つヤンチャな面がありましたが、家庭教師で1対1になると、とても素直で明るく何でも話してくれるタイプであることがわかりました。

学校の授業についていけるようになるために、出された宿題をしっかりこなして提出するところから始めました。授業についていけなくなる理由は、宿題を提出しなくなることがきっかけとなることが多いです。宿題をやることで、自然と復習することになり、自信を持って授業を受けることが出来るのです。

夏休みは週5回、冬休みは週4回に増やしました。中学で習った全般の基礎固め、受験対策、今までにやったことの復習を英語・数学・理科をそれぞれ30分と時間を決めて勉強しました。短くても集中的に勉強することで、効果が上がります。

そして、内申点は必要とする27点を越える29点となり、見事目標であった高校に合格することが出来ました。

家庭教師開始時からの成績の推移は以下の通りです。短い期間にも着実に成績が上がっています。

中学3年4月(開始時)
内申点 22点
英語・数学 10点以下/50点 理科 15点以下/50点

中学3年1学期期末試験
内申点 26点
英語・数学 20点/50点 理科 25点/50点

中学3年2学期期末試験
内申点 29点
英語 28点/50点 数学 25点/50点 理科 30点/50点

苦手科目克服から他の科目も成績アップ
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学校2年生の2月
家庭教師のコース
週2回90分授業
家庭教師開始時の成績
5教科合計:115点/250点(数学35点、その他4教科各20点)
志望高校
浜名高校
指導内容と結果

中学校2年生の2月から週2回90分授業で家庭教師を開始しました。
ご両親のご希望が、大学に行かせたいので、普通高校に進学させたいということで、 生徒さんの自宅が浜北区ということもあり、地元の浜名高校が志望高校でした。

彼は、家庭教師ステーションで家庭教師をつけるまでの内申点はオール3の全9教科合計27点でした。浜名高校の合格ラインは35点~36点で、合格には到底及ばない点数でした。
また、数学が得意でしたが、英語が大の苦手と、得意科目と苦手科目がはっきりしていました。

部活はバレー部で中学3年の夏までは活動がありましたが、週2回の家庭教師の授業は真面目に取り組んでくれました。
全体の成績を上げるために、苦手科目である英語への苦手意識を克服することから始めました。苦手である英語に対して自信がつくと、その影響を受け、ほかの教科も伸びていくきっかけになります。

「中学2年の2月から英語をイチからやってもやり直せる。中学3年の夏までが勝負」と励まして、中学1年の問題集から英単語20個を出題するテストを"毎日"行いました。
その結果、中学3年の1学期のテストでは、英語が25点、数学が35点、その他の科目25点で合計130点の成績になりました。

夏休みに入ると、バレー部の活動も終わり、週2回の授業を週3回に増やし、各科目の成績を上げるためのラストスパートに入りました。時間をとることが出来る夏休み時期が重要なのです。

家庭教師の授業の他に自主学習もまじえて、勉強のスケジュールを立てて、計画的に勉強をしました。学校で配布される問題集「自習室」を最初のページから復習します。特別な参考書は必要ありません。繰り返し行うことで、自然と力は伸びていくのです。
2学期になると、成績は140点台に上がり、12月期末の内申点も33点まで上がりました。35~36点には少しだけ足りませんでしたが、受験の筆記試験に的を絞ることに集中しました。
その結果最後の3月の期末試験では、中学に入学して初めて150点を突破しました!

そして、希望通り、浜名高校に合格することとなりました。
高校に入学してからは、今度は大学入学のために、週1回90分の家庭教師を続け、主に英語の授業を行いました。
高校時代は軽音楽部に所属しながら充実した高校生活を過ごし、国立大学である山口大学工学部に入学し、現在は大学院生として研究に励んでいます。

苦手科目だからと言ってあきらめず、ひとつひとつコツコツと克服していったことが、ご本人もご家族も望むような結果につながったのだと思います。

1  2  3  4