指導事例

指導事例の記事

不登校から医学部受験合格
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
高校1年の冬
家庭教師のコース
週3回 120分授業
家庭教師開始時の成績
測定不能
志望高校
藤田保健衛生大学医学部
指導内容と結果

中学校2年生の途中から不登校のお子さんでした。
そのまま中学を卒業し、東京の美容師専門学校に進学。生活の中でもっと学歴を身につけないと駄目だと自身で悟り、半年で専門学校をやめて浜松に戻りました。

家庭教師を開始したのは高校に行っていれば1年の12月からです。
家庭教師をスタートした時点では中学校2年生の勉強からやり直しました。そこから中学校2年生の英語・数学・理科・社会の4教科を3ヶ月で、中学校3年生の英語・数学・理科・社会の4教科を同じく3ヶ月で完了させていきました。

元々理解力もあり、自身でなんとかしなくてはいけないという意識での指導でしたので、非常にスムーズに勉強は進んでいきました。

その後、高校生の勉強に入ります。
高校1年生の英語・数学を行い、進学していれば高校2年生の夏に高卒認定試験受験合格を目指しました。3ヶ月でとにかく受かるように。英語と数学、理科総合、化学は指導の中で対応。それ以外の教科は計画を立て、勉強のやり方を指導し、本人が勉強を進めていった結果、全教科(国語・理科総合・化学・数ⅠA・現代社会・世界史・英語)合格することができました。

高卒認定試験合格後は、高校2年生までの勉強を3月までに完了させ、その段階で高校進学した子と同じ状況まで追いつき、7月までに高校3年生の勉強も終わらせました。

8月に入り、本格的な受験勉強をスタート。家庭教師以外に、塾や予備校には一切行かず対策。教科は医学部志望ということで英語・数学・物理・化学の4教科に絞りました。日々の勉強時間は、1日2時間の家庭教師の宿題と自分の勉強2時間の計4時間程度。それまでも家庭教師の宿題は、中学生の勉強の段階で英語・数学・理科・社会で毎日2時間程度(1教科30分)、高校生の勉強の段階で1日2教科2時間程度で出していました。

日々の勉強の積み重ねの結果、併願することなく単願で名古屋の藤田保健衛生大学の医学部に合格することができました。

合格できた要因(ポイント)はいくつかあったと思いますが、1つは本人が親にやらされているという意識ではなく自分がやらなくてはいけないと思ってやっていたことだと思います。

また、高校に通っていないという事をうまく生かせた部分も有ったと思います。高校には行っていなかったので、特に指定の教科書を持っているわけではありません。そのため、高校生の数ある教科書の中から、彼に合った教科書を選んであげることができました。中学校2年生の勉強から振返るにあたり、その時点での学力に応じた教材をそれぞれ使えたのは学力向上に大きく影響したと思います。

ほかにも高校の物理は高校数学をやっていることが前提でできています。一般の高校は物理を高校2年生からやっていますが、数学の知識がちゃんとない(授業がすべて終わらない)状態で物理に取り組まないといけません。しかし、この子の場合、高校数学が終わった時点で取り組むことができました。結果、3ヶ月で物理は終えることに。

彼は、ちゃんと論理だって教えて納得してから先に進むタイプ。公式を単純に覚えるのではなくなぜその公式になるのかというような成り立ちから解説しました。たくさんの問題を解くのではなく1問をきちんと理解させる。そのおかげで特に物理は短期間で理解してくれました。物理はしっかり根本的なことが理解できればたくさん問題を解かなくてもいい教科です。彼には非常に合っていたと思います。

苦手な数学を克服し志望高校に合格しました
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学校3年生の7月
家庭教師のコース
週2回 90分授業
家庭教師開始時の成績
5教科合計:50点以下/250点
志望高校
湖西高校
指導内容と結果

中学校3年生の7月から週2回90分授業で家庭教師を開始しました。
家庭教師ステーションで家庭教師をつけるまでは、国語・数学・理科・社会・英語の5教科で250点満点中50点以下の成績でした。特に数学が足を引っ張っていて中学校2年生と中学校3年生の1学期の学校のテストでは5点以下の点数でした。

そこで、数学を中心に英語も見る形で家庭教師をスタート。志望校は家から通いやすいということで湖西高校。高校入試当日に50点満点中20点取れれば志望校に合格できると考え、高校入試の当日に20点取ることを目標に内容を絞って勉強を行いました。

静岡県の公立高校の入試を何年もさかのぼっていっても、数学に関してはほとんど傾向は変わっていません。大問題の1番と大問題2番~6番の中の最初の小問題をすべてとれば20点という配点は取れます。そこに特化する形で勉強を行いました。

関数や方程式の難しい文章題や、証明などの問題はやらずに、とにかく計算問題と各分野の基礎問題が解けるように。日々の勉強は学校の数学ドリルの計算のみを家庭教師の授業でやった分毎日3ページ宿題にして計算の反復をしてもらいました。

数学以外の教科は基本的に日々自分で勉強できるように家庭教師の宿題として課す形で勉強してもらいました。暗記科目は中学校から渡されるテキストである『自習室』のまとめと基礎の部分を夏休みから年末までの間に一通り行い、3学期に入ってからも再度一通りやる形で勉強をすすめていきました。たぶん日々の勉強時間は1時間半~2時間程度だったと思います。

成績は1学期の内申点が24で、2学期もさほど伸びることは無く25でした。ただ、第2回の静岡県の学力調査テストでは250点満点中85点(以前は50点未満)まで成績を伸ばし、中でも数学は15点まで点数が上がりました。

正直、2学期末の状況では、志望校の湖西高校には満たなかったのですが、本人の希望から湖西高校を受験することになりました。実は、2月の中旬におじいさんが無くなり1週間学校休むというアクシデントも重なりましたが、本人が自分は数学が苦手で数学を上げないと合格できないと自覚していたので本人なりに努力してくれた結果、志望校である湖西高校に合格することができました。

1年間で点数は約3倍になり志望高校に合格しました
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
中学校3年生の4月
家庭教師のコース
週2回 90分授業
家庭教師開始時の成績
5教科合計:30点~40点/250点
志望高校
湖北高校
指導内容と結果

中学校3年生の4月から週2回90分授業で家庭教師を開始しました。
家庭教師ステーションで家庭教師をつけるまでは、国語・数学・理科・社会・英語の5教科で250点満点中30点~40点の成績でした。

家庭教師をつけて約3ヶ月、1学期の期末テスト時点での彼の成績は58点。1学期終了時点での内申点は24点という状況でした。

1学期はあまり成績が伸びなかったのですが、夏休みは週3回に家庭教師を増やして2学期の静岡県学力調査テストの対策を行いました。通常の学校の勉強と学力調査対策としてまずは中学1年生と中学2年生の総復習を一通り行いました。

野球部に入っていた彼は、夏休みで部活が終わるとすこしずつ自分なりに勉強をやろうという気持ちになってくれました。高校行っても野球がやりたかったので、志望校を湖北高校に設定。野球だけなら浜松工業高校や浜松商業高校に進学という道もあったのですが、家庭教師の授業の際に大学に入ってからの進路のことや大学生活の話をすると、できれば普通科に進学し大学に入りたいという気持ちを持っていったようです。

やる気になってくれた彼をサポートするために、授業の際に日々の勉強のやり方を指示しながら1日2時間程度の宿題を出しました。必ず毎日やってくれたわけではないですが、1学期に比べ明らかに勉強量(勉強時間)が増えていましたので、怒ることなく進めていきました。

勉強に不慣れな子は、どうしてもすべての宿題をこなせるわけではありません。もし、宿題をしていなくて怒ったところで効果はありません。むしろせっかくやる気になっている生徒のやる気をそいでしまいます。1ヶ月でやる勉強の計画が1ヵ月半かかっても、全部計画したものをきちんと消化していくことがその子の自信になりますし、その先の将来にもつながると考えて授業をしています。

部活が終わったことから、2学期は勉強量も増えました。周囲と比較したら少なかったかもしれませんが、やる気になってしっかりとしやった勉強は時間では換算できません。ダラダラとただこなした5時間よりも、きちんとやり方を教えてあげて真剣に取り組んだ2時間の方が明らかに成果があがります。

勉強の甲斐もあり、第2回静岡県学力調査テストでは85点をとることができました。2学期の内申点は25です。この時点では三者面談で湖北高校は厳しいと学校の先生からも言われたようです。ただ、本人の強い希望で湖北高校を受験することになりました。

3学期の学校の中間テストでは90点程度。本人も受かるとは思っていなかったと言っていましたが、結果は湖北高校の普通科に合格できました。

三社面談等の結果もあり、本人が目標達成への意識をより強くしたのだと思いますが、3学期は勉強時間が明らかに増えました。授業内容についても自分で積極的に色々メモしたりしていた姿が印象的です。

やはり本人の意識が高まった時に、進路の話をしてあげることが効果的ですね。今後の学生生活など意欲を振るい立たせるようにしていきました。

また、彼の場合とにかく計算と歴史が好きだったということがあります。計算や歴史については特に反復が大切です。計算問題と歴史の重要語句に関しては反復を欠かしませんでした。歴史の重要語句は別の重要語句ノートを作成し、重要語句と内容をまとめたりしました。英文法については学校の参考書である『自習室』では難しすぎると思ったため、市販の簡単なテキストを用意して対応しました。ただ、苦手なものを克服させるよりも好きなものをより好きになってもらい自信を持ってもらったことが、その他の教科の成績向上にもつながったのだと思います。