指導事例
約3ヶ月の中学受験集中対策
生徒の基本情報
家庭教師開始時期
小学校6年生の9月
家庭教師のコース
週2回90分
家庭教師開始時の成績
算数60/100点
志望高校
磐田東中学校
指導内容と結果

小学校6年生の9月から週2回90分で家庭教師を開始しました。
小学校6年生の割には大人びたお子さんで、非常に飲み込みが早かったです。中学校入学後はサッカーをやりたいということで磐田東中学校の受験対策として指導していきました。

理科と社会は本人が得意だったため、算数をメインに指導しながら国語もサポートしていきました。算数でまず最初にとりかかったのは小学校4年生の復習です。100円ショップで買った小学校4年生の算数のドリルを1日2枚(15分~20分程度)毎日宿題にして出しました。あわせて教科書ワーク(小学校計算編)を同じく1日15分~20分程度で宿題にして課しました。

計算のやり方を理解してミスさえしなければ点数はとれる状況でした。読解力もある子だったので、文章題もできるようになると思いました。結果、学校の算数のテストは最終的に90点程度とれるようになりました。

家庭教師の指導をして、いちばんたいへんな子はコミュニケーションが取れない子や、宿題をやってくれない子です。しかし、この子の場合いい形でコミュニケーションも取れていましたし、毎日きちんと宿題をやってくれました。とてもしっかりしている子で、自分自身の現在のレベルを把握していたため、どれだけやらなくてはいけないかは自分でわかって宿題も指導にも前向きに一生懸命取り組んでくれました。

磐田東中学校の算数の試験は、特殊算等の内容はありませんが、学校よりはレベルが高い問題が出題されます。中学受験の生徒の場合、冬休みは受験直前にあたります。そのため、過去3年分の入試問題を家庭教師の授業の中で2回通り指導しました。そして1回は宿題で課し対応。その結果、過去問の問題と答えを覚えるくらいにまでなっていました。

過去問を見ると算数はパターン化されたものが多くありました。文章問題だからと言ってびびることもなく取り組むように話したところ、どんどん実力もついていきました。受験当日は緊張したと言っていましたが、見事に磐田東中学校に合格することができ、今は大好きなサッカーに一生懸命打ち込んでいます。